フォルケホイスコーレを体験してみて

2017年3月のツアーに参加
2017年3月のツアーに参加

Naomi Kawazoe
〜人生の転換期だった〜

 

 「幸福度世界一」のデンマーク。実際のところはどうなんだろう?という興味と、「School for LIFE」であるフォルケホイスコーレを丸ごと体験したいと思いがあり、「行く」と直感で決めました。
 実際に訪れてみると、デンマーク人も人生それぞれで、私と同じ悩みを抱えていたりして、外から見た指標では幸福は測れないということがわかりました。そしてデンマークに深く興味を持つと同時に、日本のことももっと知りたくなりました。やりたいことはやっていいんだ!と思うようになり、私の人生にずっと影響を与えていく旅になったと思っています。
 世代も肩書きも超えて多様な人たちが集まるのも魅力の一つです。社会人の方にも一度立ち止まる時間を買って欲しいと思うのです。帰国後赤ちゃんが授かったことがわかり、私はもうすぐ母親になります。間違いなく私にとっての転換期の旅でした。

 


2017年3月のツアーに参加
2017年3月のツアーに参加

Mei Takimoto
〜自分の将来を自由に描いてもいいんだ〜

 

 元々海外に興味があり母が紹介してくれました。皆、学びの目的を持ってツアーに参加していて、高校の友人とは異なる背景を持つ様々な人たちとの出会いが楽しみで、もっと自由に将来を描いてもいいのだということを、他のツアーメンバーから気付かせてもらいました。
 デンマークで訪問した高齢者福祉施設が特に印象に残っています。どこの場所でも対話が重視され、働く人を含めその人自身の生き方を大事にしている印象を抱きました。またコペンハーゲン観光で訪れたクリスチャニアでは、許容しあう精神が素晴らしいと思いました。
 今、福祉の仕事を目指して専門学校で学んでいます。心理学にも興味があり、将来はデンマークの大学院に進学するという新しい夢もできました。ツアーを通して視野が広がり、今まで自身が囚われていた価値観から抜け、自分の可能性を広げることができました。参加することができて本当によかったです。

 


ツアーの様子をみてみよう

2015年世界一幸せな国の授業を受ける旅2に参加した大熊雅史さんの作品です。このツアーがまるごと判るムービーです。注*音が出ます